kemio

kemio
kemioのチャンネル画像

kemio とは?

SNS時代の寵児!若者に絶大な人気を誇るインフルエンサー!

SNSを駆使し、グローバルを股にかけ活躍するカリスマ動画クリエイター。
モデルに負けず劣らずのスタイルと、ユーモアのあるトークで、主にYouTubeを中心として活動し、若者から絶大な支持をされています。
2018年「JC・JK流行語大賞」にもノミネート。けみおさんが発信した言葉である「あげみざわ」や「ないたー」がランクインし、今や若者のトレンドを語る上で欠かせない人物となっています。
YouTuberという肩書き以外にも、モデル、タレント、エッセイスト、TikToker、元Vinerと幅広く活躍。インスタでも流行を発信し、若者のファッションアイコンとなっています。
所属しているのは、主にビューティ系など女性に人気のインフルエンサーが所属する「MIHA」。
けみおワールド全開の動画ばかりで飽きがこず毎回おもしろいと好評です。

けみおさんの生い立ち、経歴

1995年10月16日に東京で、イタリア人とイラン人のミックスである父親と、日本人の母親の間に生まれました。2歳の時に両親を事故で亡くし、以後は祖父母に育てられたようです。兄がいて、過去にはYouTubeで共演したことも。
物心ついた時から目立つことを好み、高校時代は廊下を水浸しにした他、意味もなく騒ぐなどして教師に頻繁に注意される問題児だったようです。
そんなけみおさんは幼少時からアイドルを目指し、小学生の頃から書店でオーディション雑誌などを読んで情報収集し、一般視聴者が参加できる企画に応募したりアイドル事務所に履歴書を送るなどしていました。残念ながら採用には至りませんでしたが、人前に立つことを諦められず、目標をテーマパークダンサーに切り替えてダンスを習い始めました。中学時代はまるでギャルのようだったとの声も。
2014年に高校を卒業しましたが、芸能界に入っていなかったら、芸能の専門学校か芸術舞踏の大学に進学するつもりだったと語っています。
2016年9月には、日本を離れてアメリカへ拠点を移すことを発表。もともと小さい頃から英語を勉強したいという気持ちがあったようで、2019年までロサンゼルスの語学学校に通いながら、YouTubeやSNSを中心に活動していました。
語学学校卒業後もアメリカを拠点として活動することをYouTube上で発表しました。

VinerからYouTuberへ

けみおさんが世間に知られるようになったきっかけは、高校生の頃、当時SNSで流行していた6秒動画配信サービス「Vine」(現在はサービス終了)にて、動画を配信したことでした。
最初は風景や学校の友達とふざける様子を投稿していましたが、女子高生のあるあるネタを投稿したことから人気を得ます。
友人と共にYouTubeへ動画を投稿して楽しんでいることをテレビ番組の街頭インタビューで話したところ、番組で動画が放送され話題となりました。
今では、ユーモアのあるトークで若者から絶大な支持をされています。
マシンガンのような早口が特徴ですが、同じVine出身YouTuberの大関れいかさんやブライアンさんなども同じ特徴がみられるため、Vine時代に6秒という短い動画で活躍していた影響かもしれませんね。

モデル・タレント活動

身長193cmというけみおさんはモデルとしても活躍しています。
デビュー前は、きゃりーぱみゅぱみゅに憧れて雑誌『HR』の編集部へメールをたびたび送るも反応を得られませんでしたが、部屋の写真をTwitterに投稿したところ編集部から声をかけられ、2013年に雑誌に初登場しました。
2014年3月に情報番組『めざましテレビ』で、自身が担当するコーナー「けみおのあるあるモーニン」が放送されました。

音楽活動

2014年7月に、雑誌『HR』のモデル仲間である清水せれな、永井美夕、寺門いずみ、佐藤優津季と共に、けみお&アミーガチュを結成。
「アミーガチュ」はスペイン語で「女の子たち」の意。
8月14日に、奥田民生が楽曲提供したシングル「ケロケロ」でメジャー・デビュー。カップリングには、忌野清志郎の「ぼくの目は猫の目」を大幅にアレンジしたカバーが収録された。
8月16日に国立代々木競技場内リゾートステージで行われた『a-nation&GirlsAward Island collection by nicola』に出演し、パフォーマンスしています。同年11月、新メンバーとして大塚麻未が加入。
2014年11月18日、けみお&アミーガチュの寺門いずみがオフィシャルブログでグループからの脱退と芸能界からの引退を表明。2015年9月30日、大塚麻未が脱退と芸能界引退を発表。
2016年4月、「メンバーそれぞれの夢に向かって活動をするため」けみお&アミーガチュは活動休止を発表。
ソロとしては2014年9月24日、ヒャダインがアレンジを担当した配信シングル「若者たち」のカバーでデビュー。
2018年11月2日に、配信シングル「どこまでいっても渋谷は日本の東京」を発売。

俳優活動

2015年に、NHK高校講座『お悩み解決!ベーシック数学』でレギュラーとしてドラマに初出演しました。
同年、NHK連続テレビ小説『まれ』第80回放送に、主人公が働くケーキ屋のパティシエの面接に来た1人役で出演。

エッセイ

2019年3月、けみおが初のエッセイ「ウチら棺桶まで永遠のランウェイ」を発売。
2019年2月にモデルとしてパリコレにも招待されている。
2020年2月にはユニクロのCMにも出演。

けみおさんの人物像

けみおさんは父親がイラン人とイタリア人のハーフ、そして母親が日本人という「日本人のハーフ」「イランとイタリアのクオーター」という様々な国の血が入った超グローバル混血児!
世界で活躍する「スーパーアイドル」を目指していて、理想のスーパーアイドルとしてレディー・ガガときゃりーぱみゅぱみゅの名前を挙げています。ガガの独創的なファッションといじめ撲滅など人道活動に熱心な姿勢、きゃりーの国際的に評価された独自性に憧憬を抱いているようです。
2019年4月28日、自身のTwitterで、かつて女性と交際していたこともあるが、現在はゲイであると告白しました。以前まではストレートであることを公表していましたが、書籍「ウチら棺桶まで永遠のランウェイ」・Twitterにて自身がゲイであることをファンに向けてカムアウトしました。「恋愛対象に性別なんて関係ない」という何事にもとらわれない自由な考え方に賛同するファンは多かったといいます。

kemioの年収やチャンネル登録者数

kemioさんが運営する『kemio』の最新チャンネル状況です。SNS時代の寵児らしく幅広い層に人気のようです。

  • チャンネル登録日:2015年8月5日
  • チャンネル登録者数:188万人
  • 動画数:331本
  • 総再生回数:3.67億回
  • YouTubeの推定収益:129万円~410万円(月間)

視聴者の年齢と性別

kemioの登録者データ

※記事作成時点の数値です。

kemioの人気動画はコチラ

眉毛って大事

眉毛って大事

クラス替え最悪、泣いた。

クラス替え最悪、泣いた。

アゲアゲ修学旅行#1

アゲアゲ修学旅行#1

エンタメカテゴリの最新記事